佛教大通信の途中経過とコツ

科目レポート提出が先日終わりました。

長かった。

科目最終試験,3月4日。

科目は日本国憲法インド哲学,哲学概論。

うまくいけば,今年度で科目はすべて終わり。

 

うまくいくコツについて。

自分の持ってる知識を背景にして,科目試験の問題がわからなくても,取れそうな科目から攻める(最初に受けたのが経済学概論と西洋の歴史だったと思う)。

人権同和は,人の心にくるものがあるから,そういうのも勉強しやすくて,簡単に受かる。

 

レポートを出さないと試験を受けれないから,とりあえず,レポートは適当で,提出(あわよくばC以上で合格な感じで)

そうして,自分の取れそうな科目から受けていると,科目試験の問題もたまってくる。

で,最後に,ほとんど触ったことのないインド哲学や,哲学概論を受ける。本を読まなくても,問題に合う回答を作ることができる。

 

問題数はたいてい6,7問。

多いと思うけど,3つか4つに絞ることができる。

まず,前回の試験問題集で出たものは,今回の分には出ない。

そして,前々回の午後の分を差し引く。

すると,3つに絞れる。余裕があれば,4つでもいいと思う。

本やネットを利用してある程度,レポートをまとめるし,3つくらいは回答を作って内容を覚えられる。

そして,当日,午前の分からは問題は出ないので,午後の試験は,ここからさらに1問除外できる。

なので,本命は午後にもっていくと良いかも(冊子番号がずれてたら,冊子番号を見て調整)。

 

これで外れたのは,地誌学だけ。

ワイタンギ条約はもう出ないとおもってたら,出た(前にも書いたかな)。2回目は,移民だったか。

で,再試験でも同じ問題だったのが,宗教学概論と自然地理学。

これは楽だった。

 

たかが,通信。

レポートや科目試験の判定を全てAにするという奇特なことを考えなきゃ,1年目ですべてとれる。

 

作成したテスト回答と提出したレポートはフォルダにして,後日アップしたいかなぁ

 

さんこうになれば。

 

f:id:meetmeatneetpeat:20180216093231p:plain

佛教大学通信課程の1年目の結果

1年目の結果。

11月12月分の試験は・・・・宗教学のみ合格。

自然地理50点,60点あるかと思っていたのに。

地誌学は,よりによって答案を考えていなかったワイタンギ条約の役割。

5回もワイタンギを出すって,どんだけワイタンギ条約が好きなんだよ

 

1月21日に,教育心理学,国際政治学,東洋の歴史。

日本国憲法,60は言ったと思ったけど,今回のとうあんも,この担当者,きにくわなかった模様。なんかようわからんけど,採点に対して並々ならぬ意気込みがある様子。

めんどくさい。しかし,シラバス見ると,前に絶賛した法律学概論と同じ担当員と判明,なんてこった。

 

哲学概論,インド哲学・・・代わりに数学検定受けに行ったから・・・--点

 

2週目の出だしは,かんばしくない泣

 

テストのある科目は残り9つ,今年度内に試験を受ける必要のあるのは終わらせたい!

 

今日で介護体験5日分が終わり。残り2日は来年3月ぐらいに特別支援学校で。身体がぐったり・・・

f:id:meetmeatneetpeat:20171215231001p:plain

教職通信課程:介護体験

初日で,ダウン。

むり。

精神上,疲れる。疲れが身体にも・・・あと4日・・・むり

社会経済史学会近畿部会

「異地点・異時点分析にみる穀物市場の地域比較:中世後期イングランドを事例にして」(関西大学,12月9日)

 

部会報告します。

社会経済史学会中国四国部会報告

自由論題報告,「中世後期イングランド東部地域における穀物市場の変遷:異地点・異時点分析にみる地域比較」『社会経済史学会中国四国部会』(岡山大学,11月25日)

 

部会報告しました。

佛教大の通信課程

通信課程,3年,4年と巧妙に金をむしり取る様子が・・・

教育実習に行く前のスクーリング。これを1年目の上半期に受けないと,次の年の上半期に実習に行けない。1年目の下半期に受けると,来年の下半期に実習に行ける。

 

その実習先。実習先は自分で探す。紹介とかなし。スクーリングが終わって探す場合,学校によってはスクーリングを受けるよりも前に打ち切る学校もある。1学期とか。

 

実習の申し込みに特別のものもある。教育委員会が学校に募集要項を送り,その募集要項を学校に問い合わせる場合。しかも実習の時期は教育委員会が全くのランダムに決める。いつ実習になるかわかんないので,スクーリングを下半期に受ける場合,登録できない。通信課程の事務方が断る。

 

すると実習が遅れることになるのだが,実習ができても,まだ先がある。

 

メディア実習なるものを受け,さらにもう1回スクーリングを受けないといけない。

この2つは,実習が終わらないと受けられない。メディア実習にも1と2があり,1は受けられるが,この2は,実習が終わらないと受けられない。

 

実習が終わらなければ,永遠とこの2つの単位をとることができない・・・すると,わけのわからないたかだか2単位のために,毎年10数万のお金を佛教大学にお布施なければならない。

 

たった1枚の紙きれのために馬鹿げた様子が生まれる。

 

しかも,スクーリングは各4500円,計6回。ちょくちょく手数料を取り,しかも介護などの実習費も徴収する。

 

2年で終わるといいながら,暗に3年,もしくは4年在籍させるという含意を持つ課程本科なる商売。

 

しかも倫理学概論の担当教員,レポートの返却3か月以内なのに返却してこない,業務の怠慢さ。科目最終試験なるテストでも漠然とした問題しか出さない東洋の歴史の担当教員。解答に困る。

 

事務方は事務方で,シラバスやしおりは受講者は知ってて当然,なんでそんなこと知らんのか,のような口ぶりでの対応(ややこしいから,聞いてるのに)。読む気失せるような分厚い冊子。その事務の専門家じゃない(メシを食っていない),松〇って言ってた人,とくに・・・

 

教職科目は教職科目でテキストの範囲外から出るし(文科省のホームページにある指導要領や解説だけでこたえられる問題だから良いけど,めんどくさかった)。

 

しかもテスト,毎月じゃなくて,前倒しになったりする。

 

ここまでくると,この1年の費用は埋没費用にして教職課程をやめて別のところにお金を投資する方がよさげだが。

 

 

 

秘書検定

秘書検定2級,3級無事合格。何点かわからないけど。

統計検定よりも,難しい感じはなかった。さだまさしさんの気持ちだよっていう歌が心にしみてれば,合格は難しくはないかなぁ。

こち亀エンディング,なつかしぃ

 

f:id:meetmeatneetpeat:20171125232356p:plain

f:id:meetmeatneetpeat:20171125232401p:plain